メニュー

交通費を少なくできる

運転手

移動する際の交通費を少なくできるので、格安バスの利用者は増加しています。また、魅力は安さだけではなく、シートのタイプやコンセント付き、座席を倒す角度など、設備が充実している車両を選ぶことで、快適に過ごせます。

詳しく見る

国内旅行に出かける

バス

遠方への国内旅行なら格安バスを利用しましょう。格安バスなら移動時間はかかりますが、それだけ利用料金はリーズナブルな設定です。基本的に夜の遅い時間に出発して翌朝ぐらいに目的地に到着します。アメニティーグッズ等もあっておすすめです。

詳しく見る

どんな特色があるのか

親子

高速バスの中でも、大都市間を結んでいる路線は、格安バスと呼ばれる低価格で乗る事が可能となっており、チケットはインターネットやコンビニエンスストア等で買う事が出来ます。最近では、一部事業者で座席指定が可能なので、自分好みの座席を選べるメリットがあります。

詳しく見る

安価に乗れる公共交通

バス

格安バスは、長距離の東京〜大阪便であっても4列シートの車両で2千円台から乗れるケースもあるので、大変お得な移動手段であると言えます。疲労感を軽減したい場合は、やや高めの運賃である3列シートを選択しておくと良いでしょう。

詳しく見る

バス旅はルールを守る

車内

格安バスに乗る際のルールとしては、音・臭いを発するといった不快になるような事をしない・座席の倒し方は後ろの乗客が不快にならない程度にしておくといった点が挙げられます。トラブル防止の為にも、最低限度のルールやマナーを遵守する事が大切です。

詳しく見る

条件を決めておく

カップル

先を越されないようにする

遠方へ旅行をする場合は楽に移動できる電車や飛行機を利用するのが一般的です。一方で短距離や中距離の移動は電車やバスが多いでしょう。交通費の負担が少ない移動手段を希望している場合は、電車ではなくバスを利用すると良いです。知名度が高い大手のバスの料金は安くなかったとしても、格安バスならかなりお得な料金で利用できます。格安バスに興味があり、選ぶ場合は条件を決めることが大事です。何となく選んでいるだけでは決めるまでに時間がかかりますし、実際に乗車した際に満足できない場合があります。しかし、条件を決めてから探す方が迷いがなくなるため、短時間で格安バスを選べる可能性は高いです。最高の格安バスを短時間で選べるなら、予約が取れなかったという事態を回避しやすくなります。格安バスの利用者はいつの時期もたくさんいるわけではないです。利用者が多くなる繁忙期と少ない閑散期があるので、安さを重視して格安バスを選びたい場合は、閑散期に探すことを推奨します。ただ、格安バスなので元々の料金が安いため、繁忙期に利用するとしても知名度の高い大手のバス会社の料金よりは、少ない負担で済むでしょう。安さよりも快適さを条件にするのであれば、シートの列数やコンセントの有無、座席を倒す場合の角度など、設備や車内環境にこだわることをおすすめします。安いことは重要ですが、快適に過ごせなければ不満が溜まってしまうので、設備や車内環境にこだわることは重要です。