メニュー

安価に乗れる公共交通

バス

疲労感やお得面について

新幹線・航空機・特急よりも安価に乗れる事で、年々利用者が増加している格安バスですが、競合事業者が多い路線の場合は想像以上に安く乗れるケースもあります。特に安く乗れる路線として有名なのが、東京と大阪や名古屋を結ぶ便であり、長距離でありながらも破格値で乗れる事もあるので、インターネットで複数の事業者の料金比較を行うと良いでしょう。長距離格安バスに付き物なのが疲労感であり、4列シートの場合は隣や後ろの乗客に気を遣ってしまう辛い体制で軽い肩こりや腰痛などが起こる事もあります。出来る限り疲れを軽減したい場合は、定員数の少ない3列シートを選択するのがおすすめで、隣の乗客を気にする事がなく、前との座席幅がしっかり確保されているので、ゆったりと乗る事が出来るでしょう。格安バスは、安価な運賃で多くの乗客を乗せる事で一定の収益を上げていますが、空席率が高くなってしまうと利益にあまりつながりません。そこで、一部格安バス事業者が実施しているキャンペーンが、当日割や前日割といった従来より割安な設定にした運賃体系であり、これは空席がある場合にのみ設定されます(東京〜大阪の場合は2千円台から)。このキャンペーン価格は、出来る限り安く乗りたい場合・突然旅をしたくなった場合の方におススメのプランと言えます。割安運賃予約の注意点としては、インターネット購入のみに適用される・予約出来る席数が限られている・電話予約や窓口予約は該当しない点などが挙げられます。